低所得タイ人労働者 96%が借金  

月収15000バーツ以下のタイ人労働者の96%が負債を抱えており、その額は1世帯平均約14万バーツである。

貸し付けの内訳は65.4%は利息が10.4%の公的貸付であり、残りは毎月20%の利息を請求する非公式の貸し付けとなっている。利息が高いゆえに返済のために借金するケースや債務不履行になるケースが多い。

また、経営者などが給料を支払うために借金をするケースが昨年より増加していることも判明した。

労働者が最低賃金底上げを繰り返し主張している背景には借金事情が深く関与しているようだ。

By | 2018-04-28T20:51:47+00:00 4月 28th, 2018|ニュース|0 Comments

About the Author:

管理人ですよ。

Leave A Comment

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.